HOME > 受講者の声

受講者の声

川林さん(神戸市)

川林さん(神戸市)

受講修了後わずか半年でセキュリティショップ開店へ

 

詳しくはこちらから

塚本さん(東京都)

塚本さん(東京都)

鍵師養成7日間講習を修了し、正式に鍵師資格を取得しました。協会の推薦紹介状もあり、すぐに希望していた地元のカギ企業に就職も決まりました。基礎をしっかり学んでいたことで、シリンダー交換、解錠などの緊急対応チームに入れてもらい、毎日忙しく飛び回っています。

 

詳しくはこちらから

渡邉 英洋さん(東京都)

渡邉 英洋さん(東京都)

本業は電気工事関係の仕事ですが、付き合いのある不動産会社さんやマンションのオーナー、管理事務所などから鍵関係の仕事を依頼されることが多く、解錠などの仕事を任されてよくやります。最近では夜逃げのところの整理や解体工事に伴う鍵関係の仕事もあり、講習での鍵技術が生かされています。

西田 純さん(東京都)

西田 純さん(東京都)

鍵師養成7日間講習を受けてから、鍵とセキュリティーの法人(株式会社)を立ち上げ、無店舗ながら忙しく仕事をしています。おもに不動産会社様、リフォーム会社様を顧客に、ホームページなどで宣伝をして仕事を取っています。家賃保証会社などの強制執行の仕事も増えています。

大江 伸治さん(松阪市)

大江 伸治さん(松阪市)

土木関係の仕事をしていますが、手に専門技術をつけた方がいいと思い鍵師養成講座を受けました。今はまだ本業の合間や休日にチラシなどを企業、学校などに配布宣伝し鍵関係の仕事をアルバイトとしています。ロッカー開けや自転車のカギ開けなどという仕事もあり非常に興味深い仕事です。今後もっとスキルを上げて行きたいと思います。

小川 政彦さん(東京都足立区)

小川 政彦さん(東京都)

親戚が鍵屋をやっていて、仕事も面白そうだし自分もと思っていました。就職を お願いすると、素人には無理だからまずしかるべき所で勉強して、資格も取れた ら雇ってやると言われ、鍵師養成7日間講習を受け認定鍵師の資格を取りまし た。その後すぐに就職もでき、今では鍵師としての腕に自信もつき、毎日中心ス タッフとして忙しく働いています。

加藤 潤一さん(東京都)

加藤 潤一さん(東京都)

任期制の自衛隊隊員でしたが、転職のために鍵師養成講座を受講しました。試験も合格し正式に「認定鍵師」の資格を取れましたので、今後どのような仕事に就きましてもこの資格と技能は生かせると思っています。大いに自信がつきました

桑原 誠吾さん(東京都)

桑原 誠吾さん(東京都)

副業としてやりたいと思い講習を受けました。現在小売業のかたわら、鍵、錠前関係の仕事を幅広く取り込んで行っています。錠前の交換、合カギの製作のほか、修理などもやりますが、写真入りの資格証で正式な「認定鍵師」であることが分かってもらえますので大いに役立っています。

粂川之 宏さん(川越市)

粂川之 宏さん(川越市)

仕事の幅を広げるために鍵師養成7日間講習を受け資格を取りました。現在は廃品整理業をやっていますが、関係業者などから自動車やバイクなどの鍵関係の仕事を受けたりしています。本業では古くなった金庫の解錠などを手掛けることもあり、技術としてはかなり役立つと思っています。

長塚 絵美子さん(横浜市)

長塚 絵美子さん(横浜市)

長く実際に役立つ資格が欲しくて7日間講習を受講し、2級鍵師の資格を取りました。その後ホームセンターの中にテナントとして入っている「靴修理と鍵のお店」に就職が決まり、現在中心スタッフとして毎日鍵の仕事に従事しています。合鍵作りが多いのですが、そのほかにも車の開錠をしたり、錠前や防犯の相談を受けたりしています。1級鍵師資格を取りたい夢を持っています。

杉澤 大輔さん(東京都)

杉澤 大輔さん(東京都)

内装リフォーム業をやっているので、必要があって7日間講習を受け2級資格を取りました。鍵関係の仕事も一緒に頼まれることが増え、ありがたいと思っています。正式に「公認鍵師資格所持」と表示できますので、お客様にも説明しやすく、また信用されますので、私の場合は非常に役立っています。現在のリフォーム業と両輪で事業を大きくしたいと思っています。

嵐田 悠子さん(吹田市)

嵐田 悠子さん(吹田市)

以前は東京で臨床検査技師をしていましたが、7日間講習を受け鍵師資格を取ったことがきっかけで、大阪の鍵関連サービス会社に正式採用され、そこの専門スタッフとして働いています。3年目となりますが、鍵専用車を駆って毎日大阪の街を走り回っています。女性単身者の部屋や高齢者のお宅の鍵修理などでは、女性の鍵師と言うことで安心すると言われることも多くなりました。この度、念願の1級資格も取得しました。

坂東 宏昭さん(さいたま市)

坂東 宏昭さん(さいたま市)

建築金物の会社に勤めているので、ドア回りの商品で、講習で勉強した鍵の知識と技術が大いに役立っています。2級鍵師の資格は講習直後にすぐ取得できたので、その後の1級試験にも挑戦しましたが、さすがに難しくて不合格。再チャレンジしてぜひ1級を取って見たい。会社でも「カギについての相談なら坂東に」と言われるようになりたい。商品知識に深みが出るような気がします。

渡辺 寛さん(名古屋市・仮名)

渡辺 寛さん(名古屋市・仮名)

講習を受け、2級の鍵師資格を取った直後、協会で紹介してもらった大手FC加盟の鍵のお店に就職、中堅のスタッフとして毎日忙しく働いています。まだ先輩に教わることも多く、初めての仕事にもよくあたります。鍵の仕事は覚えれば覚えるほど奥が深いと感じる今日この頃です。ずっと将来だと思いますが、本当に腕に自信がついたら自分のお店を持ちたいと思っています。

西本 雅匡さん(東京都)

西本 雅匡さん(東京都)

2級鍵師試験に合格後、協会から勧められた割合小規模な鍵屋さんに就職して2年になります。現在は中堅スタッフとして、店長の下で多くの仕事をしています。お店が小さいので何でもやらなければなりませんが、それでかえって「鍵屋の仕事とはどういうものか」という全体がつかめますし、いろいろな仕事が覚えられ楽しく充実した毎日です。今度は1級鍵師の試験も受かりましたので、将来の夢が大きくふくらみます。

 

HOMEへ戻る


Pagetop